シャープ・ホークス
シャープ・ホークスのCDについて
シャープホークスのトミー野沢に会えるライブハウス Tommy'sHouse夢工房
トミー野沢のお薦めリンク
シャープ・ホークスのすべて☆トミー野沢のオフィシャルページ☆

昭和35年、ソロ歌手としてデビューを目指していた野沢裕二は、東京池袋のジャズ喫茶「ドラム」でオーディションを受けていた。当時アメリカではプラターズ、ドリフターズといったボーカルグループが活躍していたこともあり、第一プロダクション社長の岸部氏は野沢に「ボーカルグループ」の結成をもちかけた。これに応え、野沢は安岡力也、鈴木忠雄、シーザー山岡、加古幸子の4名を集め、5人編成の{シャープ・ホークス」が誕生することとなる。 翌年公開され空前のヒットとなった「ウェストサイト物語」の影響もあって、「シャープ・ホークス」は、歌って踊れるグループを目指し、猛特訓を始めた。

昭和38年には「野沢裕二、安岡力也、鈴木忠雄、小山真佐夫」の4人編成となり、ジャズ喫茶を中心に活動を続ける。
当初「シャープ・ホークス」の演奏は「岡田朝光とザ・キャラバン」が担当していた。しかし、歌と踊りを取り入れたシャープ・ホークスの斬新な音楽と、ザ・キャラバンの重厚な演奏に、音楽性の違いが際立つようになった。そこで岸部氏は、佐々木功や西郷輝彦を輩出した「ウェスタン・キャラバン」のメンバーを、シャープ・ホークスと合流させることにした。
「ウェスタンキャラバン」からはドラムの井上宗孝、ベースの秋山功、ピアノの古屋紀らが参加し、昭和39年「シャープ・ホークスとそのグループ」が結成された。その後、野沢はこのバンドのギタリストとして、当時ブルー・ファイヤーを率いていた三根信宏の参加を強く希望し、実現する。三根信宏の参加によって、このグループは音楽センスに一層磨きがかかり、野性味溢れるボーカルと優れた演奏テクニックでジャズ喫茶の話題をさらった。

 

「シャープ・ホークスとそのグループ」は当時のジャズ喫茶を中心に活動を続け、多くのファンを魅了した。日本人離れした鋭いカラーを放つシャープ・ホークスは当時大きな話題となった。


一方、そのバックバンドとして活躍していた井上宗孝、秋山功、古屋紀、三根信宏、前田旭(後に山内英美)ら5名のグループも、抜群のテクニックと美しいメロディーでユニークなサウンドを創りあげ、バンドとしての人気も急上昇。昭和40年には「井上宗孝とシャープ・ファイブ」として独立することとなる。

 

その後、シャープ・ホークスは、メンバーの入れ替わりなどもあったが、昭和41年、野沢裕二、鈴木忠雄、小山真佐夫、安岡力也の4名で、キングレコードから「ついておいで」でデビュー。同年「遠い渚」が大ヒットした。後に小山真佐夫に替わってジミーレノンが参加。「海へ帰ろう」、「レット・ミー・ゴー」、「テルミー」など、多くのヒットが生まれた。

昭和42年に井上宗孝とシャープ・ファイブがキングレコードからキャニオンレコードに移籍、シャープ・ホークスは「ザ・シャープホークス」として、楽器を持ち、演奏しながら歌うグループサウンズスタイルで活躍を続けたが、昭和44年に解散した。